このページをSNSで共有する

天文学で使われる単位の1光年・1天文単位・1パーセクのうち最も距離が長いのはどれ?

答え 1パーセク

1天文単位は地球と太陽の距離に由来する単位のことで、およそ1.5億km、1光年や1パーセクに比べて最も短いです。

1光年は光が1年かかって進む距離のことで長さにすすると、およそ9.5兆kmです。

1パーセクとは、およそ3.26光年の距離です。

つまり、1光年・1天文単位・1パーセクの中で最も長いのは1パーセクということになります。

(以上、Wikipediaを参考にまとめました)
スポンサーリンク