太陽と月、どちらも明るい星ですが、言うまでもなく太陽の方が明るいです。では、太陽の明るさは満月の何倍になるでしょうか?

(1) 4,000倍
(2) 4万倍
(3) 40万倍

太陽は満月の何倍明るい?

太陽は満月の何倍明るい?

太陽の明るさは満月の何倍か

星の明るさは「等級」という単位を使って数値で表すことができます。

この数値では太陽は−26.7等級、満月は−12.7等級になります。

等級が1下がるごとに2.512倍明るくなります。

たとえば、暗い6等星と明るい1等星では5等級違うので明るさは2.5125倍=100倍となり、1等星の方が100倍明るいことになります。

太陽と満月は−26.7−(−12.7)=14等級の違いがあるので

2.51214倍=398,359倍=およそ40万倍となります。

つまり、太陽は満月の40万倍明るいということです。

どちらも明るい星ですが、明るさを比較するとこんなに差があることがわかります。

答え:(3) 40万倍

こちらもどうぞ【Kindle版 電子書籍】計算問題.com編
(すべてKindle Unlimited対応です)
このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク