コピー用紙や書籍などに使われる用紙のサイズもさまざまですが、よく使われる用紙「A4・B4・B5」の中で最もサイズが大きいのはどれでしょうか?

(1) A4
(2) B4
(3) B5

A4・B4・B5の中で最もサイズが大きいのは?

A4・B4・B5の中で最もサイズが大きいのは?

A4・B4・B5の中で最もサイズが大きいのは

答え:(2) B4

用紙サイズのA4はA0、A1、A2などのサイズを持つA判の1つです。

最も大きいA0は面積が1m2、縦横サイズは841mm×1189mmです。

A0、A1、A2…と数字が大きくなるごとに面積は半分になり、A4の縦横サイズはA0の1/4の210mm×297mmになります。

A4のサイズイメージ

A4のサイズイメージ

B4が含まれるB判も同じようにB0、B1、B2…と数字が大きくなるごとに面積が半分になります。

最も大きいB0は面積が1.5m2、縦横サイズは1030mm×1456mmです。B4の縦横サイズはB0の1/4で257mm×364mmです。

B4のサイズイメージ

B4のサイズイメージ

つまり、B4>A4 です。

また、B5はB4の半分なので、B4>B5 です。

つまり、A4・B4・B5の中で最も大きいのはB4ということです。

サイズ順に並べると

B4>A4>B5 となります。それぞれのサイズは次のとおりです。

  • B4 — 257mm×364mm
  • A4 — 210mm×297mm
  • B5 — 182mm×257mm

【参考】用紙サイズ A判・B判のなるほど! | トヨシコー

【参考】コピー 拡大率・縮小率・用紙サイズ 寸法一覧表 – 山崎はるかのメモ

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こちらもどうぞ