プロ野球のピッチャーが投げた160kmの剛速球はホームベースに届くまで何秒かかるでしょうか?

(1) およそ0.2秒
(2) およそ0.4秒
(3) およそ0.6秒

160kmの剛速球、ホームベースまで何秒かかる?

160kmの剛速球、ホームベースまで何秒かかる?

160kmの剛速球はホームベースまで何秒かかるか

答え:(2) およそ0.4秒

ピッチャーマウンド中央に埋め込まれたピッチャープレート(投手版)からホームベースまでの距離は18.44m(プロ野球の場合)です。

ホームベースまで18.44m

ホームベースまで18.44m

この距離を時速160kmの剛速球が通過する時間=道のり÷速さなので18.44m÷時速160kmとなり、

時速160kmを秒速に変換すると160000m÷3600秒=約44.44m/秒になるので

18.44m÷44.44m/秒=約0.41秒 になります。

160kmの剛速球はホームベースまで0.4秒ほどで届く
ということです。

ボールがピッチャーの手を離れた位置からホームベースまで厳密に18.44mとは言えませんが、だいたいこんな感じです。

いろいろな球速で計算したい場合は以下のツールをお使い下さい。

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こちらもどうぞ