アナログ時計の長針と短針は1日(0時0分~23時59分)の間で何回重なるでしょうか?

(1) 22回
(2) 23回
(3) 24回

時計の長針と短針が重なる回数は?

時計の長針と短針が重なる回数は?

時計の長針と短針が重なる回数

答え:(1) 22回

アナログ時計の長針と短針は1日に何度か重なります。

アナログ時計の長針と短針は1日に何度か重なる

アナログ時計の長針と短針は1日に何度か重なる

具体的な時間はともかく、長針は1時間に1周して短針の上を通過するので、1時間に1回重なりそうなことはイメージできます。

そう考えると24時間で24回重なりそうですが、問題は11時です。11時0分から11時59分まで長針と短針は重ならず、次に重なるのは12時0分になります。

11時は長針と短針は重ならず次に重なるのは12時0分

11時は長針と短針が重ならず次に重なるのは12時0分

つまり、0時0分から11時59分までに時計の長針と短針が重なるのは12−1=11回です。

23時も同じように23時59分まで重ならないので、0時0分から23時59分までには24−2=22回重なります。

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こちらもどうぞ