このページをSNSで共有する

甲子園で行われるトーナメント形式の夏の高校野球、2012年は49校が参加したが、その試合数は合計で何試合だったか。

答え 48試合

トーナメント形式の試合では、試合数の合計は、(参加チーム数 - 1)になります。

その考え方は、1つの試合に必ず1チームの敗者がいます。

そして、優勝するチーム以外は、必ず1回だけ負けます。

優勝するチーム以外(48校)が1回ずつ負けていく(合計で48敗が発生する)ことで、優勝チームが決まります。

つまり、全参加チーム数から1を引いた数が、試合数の合計になります。
スポンサーリンク

こんな問題、解けますか?