すべての国民を対象に一人10万円を給付すると、総額でいくら必要になるでしょうか?人口は1億2000万人とします。

(1) 1.2兆円
(2) 12兆円
(3) 120兆円

一人10万円配ったらいくら必要?

一人10万円配ったらいくら必要?

一人10万円給付の総額は?

答え:(2) 12兆円

人口を1億2000万人とすると一人10万円給付の総額は1.2億×10万円です。

電卓叩けば計算できますが、パッと計算できれば格好良いですよね。

1.2億×10万円を1.2億×10×万円としてみると、

12億×万円となります。

ここで「×万円」は単位が1つ繰り上がると覚えておくと簡単です。

つまり、
「万」×万円 → 億
「億」×万円 → 兆
になります。

ということで12億×万円は、電卓を叩かなくても12兆円になることがわかります。

一人10万円配ったら

1.2億×10万円=12億×万円=12兆円

ちなみに、一人30万円だったらどうなるか、計算は簡単です。

1.2億×30万円=36億×万円=36兆円

一人30万円ずつ配ったら36兆円必要になります。

【広告】「10万円貯まる本 世界一周版」はこちら

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こちらもどうぞ