一部が燃えて欠けてしまった一万円札が3枚あります。それぞれ元のお札の1/2、1/4、3/4の面積だけ残っているとします。

これらを銀行で交換してもらうと全部でいくら戻ってくるでしょうか。

(1) 15,000円
(2) 17,500円
(3) 23,000円

燃えたお札、戻ってくる金額は?

燃えたお札、戻ってくる金額は?

燃えたお札で戻ってくる金額とは

答え(1) 15,000円

お札が破れたり燃えて欠けてしまった場合、銀行で新しいお札と取り替えてくれます。ただし、裏表が残っている必要があり、残っている面積によって金額が異なります。

残っている面積と戻ってくる金額は次のようになります。

  1. 残っている面積が2/3以上の場合 — 全額
  2. 残っている面積が2/5以上、2/3未満の場合 — 半額
  3. 残っている面積が2/5未満の場合 — 失効(0円)

【参考】損傷銀行券の引換基準 : 日本銀行 Bank of Japan

この基準で問題の3枚のお札について計算すると次のようになります。

  • 1/2残った一万円札 → 2/5以上、2/3未満なので半額戻る(5,000円)
  • 1/4残った一万円札 → 2/5未満なので失効(0円)
  • 3/4残った一万円札 → 2/3以上なので全額戻る(10,000円)

3枚の1万円札、元の金額は3万円でしたが上記の条件で戻ってくる金額の合計は15,000円になります。

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こんな問題、解けますか?

こちらもどうぞ