大きさを表現するときに「東京ドーム何個分」が使われますが、では、東京ドーム1個分の大きさはれくらいなのでしょうか。たとえば、ワンルームマンションでは何部屋分になるでしょうか。あの空間がどれくらいの大きさなのか、容積で考えてください。

(1) 200~300部屋
(2) 2,000~3,000部屋
(3) 2万~3万部屋

東京ドーム1個分はマンション何部屋分?

東京ドームの広さはマンション何部屋分?

東京ドーム1個分はマンション数万部屋

答え:(3) 2万~3万部屋

東京ドームのサイズに何部屋のワンルームマンションが入るのか計算してみましょう。

東京ドームの面積と容積は次のとおりです。

  • 面積:46,755m2
  • 容積:約124万m3

【参考】東京ドームとは | 東京ドーム | 東京ドームシティ

数字だけ見てもピンときませんのでワンルームマンションに置き換えて計算してみます。

まずは面積です。といってもワンルームマンション1部屋の広さはさまざまで、狭い部屋は12m2あたりから、広めのワンルームで25m2くらいまでありますが、ここでは暮らしやすさは関係ないので、ざっくりと1部屋20m2で計算してみます。

すると、
東京ドームの面積÷ワンルームマンション1部屋の面積
46,755m2÷20m2=2,337.75
となります。

2300部屋、これを多いと見るか少ないと見るか。

1部屋15m2で計算すると3,000部屋を超えてきます。

面積から見ると東京ドームはワンルームマンション2,000~3,000部屋分といえるでしょう。

続いて容積の比較ですが、ワンルームの高さを2.5mとして20m2×2.5で1部屋の容積を50m3で計算すると、こんな感じです。

124万m3÷50m3=24,800

1部屋15m2の場合は15m2×2.5で1部屋の容積は37.5m3となり、部屋数は

124万m3÷37.5m3=33,066

同じように1部屋25m2で計算すると、およそ2万部屋となります。

まとめると東京ドーム1個分の容量はワンルームマンション2万~3万部屋くらいということになります。

あの空間にビッシリ部屋を作ったら2万部屋以上できるということですね。もちろん、実際にはできませんが。

面積が2,000部屋、容積が2万部屋ということは、10階建てのマンションが2,300棟も建つということですね。いやー、ピンとこないかもしれませんが、すごいとしか言いようがありません。

ということは、「ここは東京ドーム3個分の広さです」のような説明がピンとこなかった場合、ワンルームマンション6万~9万部屋だと思えばわかりやすいかもしれません。余計わかりづらいかもしれませんが。

もちろん、机上の空論ですから真面目な突っ込みは不要です。計算間違いはコッソリ教えてください。

このページをSNSで共有する
【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

こんな問題、解けますか?

こちらもどうぞ