日本一土地が高いとされる東京銀座の文具店「鳩居堂」前の土地。仮に、その土地をはがき1枚分のサイズだけ購入できたとすると、その値段はいくらになるでしょうか。2017年の価格を基準にします。

(1) 6万円
(2) 60万円
(3) 600万円

このページをSNSで共有する
答え (2) 60万円

「鳩居堂」前の土地の値段は、はがき1枚で60万円!


国税庁が発表した2017年の路線価によると、東京の銀座5丁目の文具店「鳩居堂」前は1平方メートルあたり4032万円になります。

一方、郵便局の窓口で販売しているはがきのサイズは縦14.8cm×横10cm。面積は148平方センチメートルになります。

これらの数字から、はがきサイズの土地の価格を計算すると、

4032万円×(148cm2÷10000cm2)=59.67万円となり、

およそ60万円になります。

1ヶ月の給料で、はがきサイズの土地も買えないなんて、、、恐るべし「鳩居堂」前!えっ?1ヶ月の給料で余裕で買えるって?微妙な金額ですかね。

あ、もちろん、本当に60万円あれば、はがきサイズの土地を買えるわけではありませんので、真面目な反論は不要です。あくまでクイズですので。

 
スポンサーリンク

こんな問題、解けますか?