無料で使える脳トレ計算プリント集

月齢カレンダー

  • HOME »
  • 月齢カレンダー
【スポンサーリンク】

計算によって月齢を求めるのは、あくまで簡易的ですが、さまざまなページで異なる計算方法が紹介されています。たとえば、上記のWikipedia(堀源一郎氏が『天文月報』1968年7月号で発表した簡易月齢計算法とのこと)では次のような式になっています。

((年-11%19)×11+月+日)%30

日付(例:2018/3/14)の年・月・日を元に計算することができます。「%」は割り算の余りです。また、月は単純に足すのではなく、それぞれの月に対応した数字を加算します。

各月で加算する数(1月から12月)
0/2/0/2/2/4/5/6/7/8/9/10

たとえば、2018/3/14は、
((2018-11%19)×11+0+14)%30
=(12×11+14)%30
=26
になります。

簡易計算なので誤差はありますが、それほど酷い違いでもありません。

計算方法について詳しくは、以下のページをご覧ください。

【参考】Wikipediaの「月齢」

スポンサーリンク

月齢カレンダー

月齢を計算する式はいくつか紹介されていますが当ページではWikipediaの「月齢」の計算式を参考に月の満ち欠けを示すカレンダーを作ってみました。

カッコ内が計算した月齢です。

このページをSNSで共有する

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © 計算問題.com All Rights Reserved.