このページをSNSで共有する

ロト7の1等の当せん確率は、次のどれと同じくらいでしょうか。

(1) 東京都民から1人選ぶ
(2) 全国の「佐藤さん」から1人選ぶ
(3) 全国の小中学生から1人選ぶ

答え (3) 全国の小中学生から1人選ぶ

ロト7の当せん確率は、こんなに低い


ロト7の当せん確率は約1,030万分の1(10,295,472分の1)です。

全国の小中学生は1学年ごとに120万人弱、9学年で約1050万人(平成23年:総務省統計データより)です。1人選ぶ確率(1050万分の1)は、ちょうどロト7の1等の当せん確率と同じくらいです。

全国の小中学生から1人だけ1等賞を選ぶくらいの確率で8億円が!と思うと気が遠くなるほど低い当せん確率に感じるか、ひょっとして当せんするかも?と思うかは、あなた次第です。

東京都民は約1300万人(平成22年:総務省統計データより)、また、全国の「佐藤さん」は、さすがに1000万人はいません(200万人くらいとのウワサです)。

ちなみに、ロト6の1等の当せん確率は約600万分の1(6,096,454分の1)です。
スポンサーリンク