量販店でよく見られる「10%割引」と「10%ポイント還元」、どちらが得か。

このページをSNSで共有する
答え

10%割引の方が得


1000円の商品を10%割引で購入するのは文字通り、割引率は10%です。


一方、10%ポイント還元の場合、1000円を出して1100円分の購入権を得たことになります。


この割引率は、100−100×(1000/1100)=9.1%になり、割引率は10%よりも低くなります


つまり、10%ポイント還元よりも10%割引の方が得ということです。


割引率を大きくすれば、もっと簡単です。


極端な話、100%割引と100%ポイント還元で考えると、100%割引は、文字通り100%の割引ですが、100%ポイント還元は、1万円を出して1万ポイントをもらうので、2万円分の権利を得たことになります。


2万円の権利を1万円で購入したということです。


つまり、割引率は50%になってしまいます。


ポイントが付くとお得な感じがしますが、実際は、支払う金額という点では料金を割引してもらう方が得です。


ご注意を!


このページをSNSで共有する
スポンサーリンク

こんな問題、解けますか?

こちらもどうぞ