このページをSNSで共有する

約数を3つ持つ整数を小さい順に3個あげよ。

答え 4、9、25

約数を3つ持つ数とは、1と、ある数と、その数自身という3つの整数で割り切れるということです。

このとき、ある数が素数以外だと、他にも約数があることになってしまいます。

つまり、ある数は素数で、小さい順に求めるので、最も小さい素数「2」ということになります。

また、答えは、この「2」に、同じ「2」をかけた「4」ということになります。

というのは、「2」に「3」などをかけると、1、2、3と、その数が約数になり、約数が4つになってしまうからです。

まとめると、最も小さいのは「4」です。

同じようにして、次に小さいのは、2の次に小さい素数「3」を2回かけた9であることがわかります。

約数は1、3、9です。

また、その次に小さいのは、5を2回かけた25になります。

約数は1、5、25です。
スポンサーリンク